ミルククレンジングで洗顔!

MENU

ミルククレンジングで洗顔してみよう!

私は、今まで、洗浄作用の高いオイルタイプのクレンジングを使っていました。
オイルタイプのクレンジングは、すごく簡単にメイクが落ちるんです!
なので、洗顔も時間がかからず、快適な日々を送っていました。
ですが、ある時気づいたんです。ポツリポツリとニキビが出来てしまっていたのです。
え!なんで!?と思い、ニキビを倒すべくいろいろな手段を試してみました。
ですが、ニキビが減るばかりか、どんどん増えていってしまいました。
そしてあるとき気づいたんです。もしかして・・・洗顔剤?と。
灯台下暗しってこういうことだったんですね。
そして思い切って今まで使っていたオイルタイプのクレンジングとはおさらばして、ミルククレンジングに変えてみたのです。
そしたら3日で効果は目に見えました。
自分が敏感肌なのをしらずに、オイルクレンジング使っていたのでニキビが出来てしまったのです。
ミルククレンジングは、敏感肌や乾燥肌に良いとされているので変えてみたら、あっというまに普通の肌に戻りました。
洗顔の時間などは、オイルタイプに比べてすこし時間がかかってしまいますが、お肌の状態には変えられません。

 

もしあなたが、敏感肌かも?と思っている人がいてオイルタイプのクレンジングなどを使っていて、肌トラブルを抱えているならミルククレンジングに是非変えてみてください!
もしかしたらその悩みは取るに足りない悩みだったのかもしれません。

 

私は今まで、オイルタイプのクレンジングにこだわっていました。
バッチリメイクが基本の私は、洗顔に掛ける時間をできるだけ少なくするために、オイルタイプに逃げていたのです。
ずぼらという私の性格も相まって、とても重宝していたんです。
確かに、オイルタイプのクレンジングはすばらしいです。
1時間かけてバッチリキメたメイクでさえ一瞬でさらっと落ちていきます。
ですが、一緒に必要以上の皮脂まで洗い流してしまっていたなんて・・・。

 

オイルタイプは、油分や界面活性剤がものすごくたくさん入っているので、洗浄作用はとっても高いんです。
なので、しっかりメイクした日でも楽に落とせるのがオイルタイプの良いところなのです。
ですがデメリットも把握せずに使うということは、とても危険なことだと今回始めて理解しました。
オイルクレンジングからミルククレンジングに変えるということは、少し抵抗がありました。
ミルククレンジングといえば、洗浄作用が低く、何回洗ってもメイクが取れないといった固定概念があったからです。
ですが使ってみて気づいたのですが、そこまで変わらないということに気づきました。
たしかに、オイルクレンジングに比べれば、メイクは断然落ちにくいのはわかるのですが、丁寧に何回も洗うことで肌にダメージを与えずに洗顔出来ているという事実を考えることによって、そんな差は気にならなくなりました。
メイクをしたまま寝たりしてしまうずぼらな私なんですが、ミルククレンジングに変えてからは洗顔が趣味といえるまでに、洗顔が好きになりました。
洗いあがりも、とってもしっとりしていて、乾燥肌も持ち合わせている私にとってはとても高得点です。

 

ミルククレンジングには、拭き取りタイプと洗い流すタイプがあるのですが、私は洗い流すタイプのミルククレンジングを愛用しています。
拭き取りタイプは、しっかり拭き取りたい人はいいですが、摩擦が生まれてしまうので、肌へ余計なダメージを与えてしまいます。
ですから、どっちでもいいかもという人は、洗い流すタイプのミルククレンジングを使用したほうが無難と言えるでしょう。