ミルククレンジングはメイク落ちが悪い?

MENU

ミルククレンジングはメイク落ちが悪い?

クレンジングといえばウォータープルーフのマスカラやファンデーションもしっかりと落とすオイルクレンジングが一時期主流でしたが、最近ではお湯で落とせるマスカラなどメイク自体も簡単に落とせるものが増えてきていることや、まつげエクステを施術した人にはオイルクレンジングが使えないことから見直されているのがミルククレンジングです。実は、ミルククレンジングは肌に一番負担をかけないクレンジング方法なのです。
オイルクレンジングはメイクはぐんぐんスピーディに落とせますが、その分肌が持っている潤いまでメイクと一緒に落としてしまい、クレンジングをしただけで肌が突っ張って乾燥してしまうということはよくあります。その点、ミルククレンジングはメイクを優しく落としながらもしっかりと潤いはキープしてくれます。
これは、ミルククレンジングが一番油分と水分のバランスよく配合されており、他クレンジングに含まれている界面活性剤という油分を水分とつなげて分解する成分が少ないからです。界面活性剤は汚れを強力に落とす力がある一方で、肌があらかじめ持っている大切な潤い成分まで奪ってしまうので、乾燥や肌荒れの原因ともなっていました。
その点、ミルククレンジングは肌に潤いを与えながら優しく汚れを落とすので特に敏感肌や乾燥肌の人におすすめのクレンジングです。ただ、ウォータープルーフのマスカラを使っている人やしっかりメイクをスピーディに落としたいという人には少し物足りないかもしれませんので、一度試してみて使用感を比べてみることをおすすめします。